身長を伸ばすのに注意が必要な食品

子供の身長を伸ばすには、食生活がとても重要なのですが、ここでは、特に気を付けた方が良い食品を紹介します。

 

添加物は人が科学的に作ったものなので、「食べ物」ではありません。中でも、人工甘味料は気を付けなければいけません。砂糖を摂りすぎると太るからと、砂糖の代わりにカロリーの低いダイエット甘味料などを使用する人も多いと思います。

 

しかし、このような人工的に作られた甘味料は、エネルギーとして変換できませんし、脳のメカニズムも狂わせてしまうのです。自然から生まれた砂糖は、エネルギー源として燃焼されるので、体に負担をかけることはないのです。カロリーが気になるかもしれませんが、砂糖のカロリーは摂りすぎてない限り、基礎代謝によって消えてしまうので、それほど気にしなくても良いのです。

 

また、乳製品も注意が必要です。乳製品というと「牛乳」をまず思い浮かべるとでしょう。身長を伸ばすと言われている牛乳も、飲み過ぎに注意が必要なのです。牛乳には骨の発達に必要なカルシウムが多く含まれていますが、それだけではありません。脂肪分やタンパク質も含まれています。そのため、「牛乳を飲ませれば子どもの身長が伸びる」と思って、必要以上に与えると、脂肪分の摂りすぎになって、太る原因にもなってしまうのです。

 

このように、子供の身長を伸ばすためには、人工的に作られた食品をなるべく与えないようにして、牛乳の飲みすぎにも注意が必要なのです。

ストレスは身長にも影響する

ストレスを溜めると体調を崩し、さらに重大な病気を引き起こしてしまうことがわかっていますが、ストレスは、体の成長や身長の増加にも影響を及ぼすことがあります。

 

ストレスを抱えていると、それが脳に伝わり、成長ホルモンなどの身長を伸ばすために必要なホルモンがある内分泌系や、身体を健康に保つ自律神経などに働きかけます。そして、内分泌系や自律神経が影響を受け、ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。そのため、正常に成長することができなくなり、身長の伸びも悪くなってしまうのです。

 

そうならないためにも、お父さんやお母さんなど周りの人のサポートが必要なのです。子供さんが小さい頃から、規則正しい食生活を身につかせて、おもいっきり愛情を注いであげることによって、成長ホルモンの分泌が活発になり、正常に成長することにつながるのです。

 

このように、子供さんの身長を順調に伸ばすためには、食生活とストレスのない生活が重要です。それは、決して難しいことではありません。新鮮な食材を使った栄養バランスの整った食事を与えて、親もイライラとストレスを溜めずに、明るく笑顔の多い家庭ならば、子供さんもストレスとなることもないで。

 

健康で明るい生活を送っていれば、自律神経系統や脳が満足し、精神的にも豊かになって、冷静な判断ができるようになります。そして、子供さんもストレスを感じることなく、身長も順調に伸びるようになります。